歯科医師の仕事内容

歯科医院における歯科医師の役割は、いうまでもなく、患者さんの口腔を健康な状態に保つことです。虫歯や歯周病があれば治療したり、親知らずの抜歯や、入れ歯を作ったりすることも挙げられます。

また、定期的な検診で予防をおこなうことも重要です。近年は、虫歯になってから治療するのではなく、なる前に食い止めようという方針の「予防歯科」に力を入れる歯科医院も増えてきました。

また、あまり知られていませんが、実は歯科医師の専門は、歯だけではなく、喉や顎など、喉から上の部分すべてになります。

ここ最近は、歯科医院によって、得意とする分野をもつ歯科医院も増えてきました。小児歯科を専門としている歯科医院では、成長にともなう歯並びのチェックや、歯みがき指導に力を入れています。審美歯科では、ホワイトニングや歯並びなど、歯を美しく見せることを目指しています。また、矯正歯科、インプラント外来に力を入れている歯科医院もあります。

歯科医院の院長としての歯科医師には、こういった医療行為に関する仕事以外にも、スタッフの育成や管理、経営面における業務など、さまざまな仕事があります。