医療事務管理士になるには

医科においても歯科においても、医療事務は、近年とても人気のある職種となっています。

医療事務管理士とは、医療保険や診療報酬について正しい知識をもち、いわゆる医療事務全般をおこなえることを証明する資格となります。

医療事務は、治療費の計算、カルテの管理、診療報酬明細書の作成など、専門的な知識が求められることがたいへん多いです。また、医療事務はまちがいがあってはならないので、信頼が第一です。そのため、この資格をもっていることで、基本的なことができることの証明となり、求人のさいに、安心して仕事を任せられるということの証明にもなります。

試験は、医科と歯科にわかれており、どちらも、実技試験と学科試験の両方がおこなわれるため、しっかり勉強しなくては合格することは難しいといえます。

民間の資格ですが、年々受験者数は増加しており、持っていれば歯科医院や医療機関での就職に有利になるといえるでしょう。ただ、資格だけではなく、実務経験とあわせて募集をしている医療機関も多いので、その点は注意が必要です。