歯科助手になるには

歯科助手は、歯科医院において、歯科医師や歯科衛生士のアシスタント業務をおこないます。

歯科助手になるためには、とくに経験や資格などは必要なく、歯科業界のなかではもっともなりやすい職業であるといえるでしょう。未経験可で求人を出している歯科医院も数多くあります。また、パートやアルバイトでの雇用形態が多いことも特徴です。

ただ、なりやすいからといって、その仕事内容が簡単だというわけではありません。歯科助手は、歯科衛生士とちがって、患者さんの口のなかを直接さわることはできません。歯科助手が受け持つ仕事、覚えることは大変多いです。器具の洗浄や準備、カルテの整理、受付や電話応対などの患者さんへの対応、患者さんの口の中をライトで照らしたりなど、歯科医師の補佐、などなど…。歯科医院によってもちがいますが、任される仕事は多岐にわたっています。大変ではありますが、その分やりがいを感じられることも多いでしょう。

歯科助手には、さまざまなことに気が付く心配りが求められます。また、患者さんと直接せっすることも多いので、コミュニケーション能力や思いやりなども必要となります。