歯科医師になるには

歯科医師として働くには、大学の歯学部で6年間学んだあと、国家資格である歯科医師免許を取得する必要があります。さらに、1年以上の臨床研修をおこなって、ようやく歯科医師として働くことができるようになります。

歯科医師免許取得後は、いきなり歯科医院を開業するのではなく、まずはどこかの病院で勤務医として働くことが一般的なようです。また、個人で歯科医院を経営するのではなく、研究所で研究医として働いたり、製薬会社などに勤める道もあります。

歯科医師の数は年々増加しており、個人で歯科医院を経営していくためには、技術力だけではなく、経営者としての手腕や、マネジメント能力など、さまざまな能力を必要とされます。また、患者さんとせっする一種のサービス業であるという観点から、コミュニケーション能力や人柄の接しやすさなどもあった方が望ましいでしょう。

現在、歯科医院どうしの競争が余儀なくされ、厳しい経営状態に追い込まれてしまう歯科医院があることも現状です。

とはいえ、前述したように、一生ものの高度な技術力を持っている歯科医師には、歯科医院経営以外にもさまざまな選択肢がありますので、職に窮するということは考えづらいでしょう。平均年収も依然として高く、根強い人気のある職業となっております。