歯科衛生士になるには

歯科衛生士になるには、専門学校や短大、大学などで、3年間、歯科衛生士養成のための勉強をしなければいけません。その後、歯科衛生士の国家資格を受け、合格すれば、はれて資格を認められます。

国家資格の合格率は高いため、3年間きちんと勉強していれば、取得することは難しくありません。しかし、実際に現場に出てから学ぶことが多く、本当に大変なのは、資格を取得した後であるといえることができます。

安定した求人があるため、つねに一定の人気をほこる職業となっています。以前は女性のみがなれる職業でしたが、法改正がされた現在は、男性も就くことができるようになりました。

歯科衛生士の多くは、歯科医院に就職することになります。しかし、総合病院や大学病院、歯科材料メーカー、また、介護施設などで歯の健康指導スタッフとして働くなど、歯科衛生士が活躍できる場所は意外と多いです。合わせてケアマネジャーなどの資格を取ることも可能なので、自分のやりたいことに合わせて、活躍の場を広げることができます。