歯科衛生士の仕事内容

歯科衛生士について、漠然としたイメージしか持っていない方も多いかと思います。実際に、歯科医院において、歯科衛生士はどのような仕事をおこなっているのでしょうか?

歯科衛生士の仕事内容は、法律で決められています。歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導の三つです。

歯科予防処置とは、虫歯と歯周病を予防するためにおこなう処置のことです。ふだんの歯磨きだけでは、どうしても取り除けない汚れがたまってしまい、放っておくと堅くなって歯石となってしまいます。歯石は、自分では取ることができないため、衛生士が専用の器具で取り除きます。

歯科診療補助とは、歯科医師の指示のもと、治療行為のサポートをすることです。歯科医師と歯科衛生士の連携がうまくいくと治療の質も上がるため、歯科衛生士の腕は重要となります。

歯科保健指導とは、かんたんにいえば、歯みがき指導のことです。普段から正しい歯みがきができている人は意外と少なく、日々の磨き残しが、さまざまな歯の疾患へとつながってしまいます。また、歯みがきだけではなく、食事のとり方や食べ物のかみ方など、生活習慣全体まで指導します。歯科医院以外でも、幼稚園や学校、介護施設などに出向いて指導することも多くあります。

そのほか、受付やカルテの管理など、歯科医院のなかで、歯科衛生士はさまざまな業務をこなさなければいけません。歯科衛生士の仕事内容は、意外と多岐にわたっています。