歯科業界で働くには

歯科業界や、歯科医院で働きたいと思った場合、まずはどのような職種があるのか知ることが大切です。

まずは、いうまでもなく、歯科医師です。歯科医師になったら、大病院で勤務医として働くか、個人で歯科医院を経営することになります。

それから、歯科衛生士ももちろんなくてはならない存在です。

また、一般の人にとってはなじみが薄いかもしれませんが、歯科技工士という職業もあります。歯科医師がおこなう治療に合わせて、歯の被せ物や、入れ歯、矯正器具などをつくる仕事です。高い専門的な技術が必要となります。

医療事務管理士という資格もあります。この資格をとると、歯科医院で医療事務スタッフとして働き、治療費の計算やカルテの整理など、医療事務全般をこなすことになります。

最後に、こちらは資格は必要ありませんが、受付や事務など、さまざまな業務をこなす歯科助手も、縁の下の力持ち的な存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です