矯正期間の短縮

人によっては、少しでも早く歯並びをきれいにしたいということもあると思います。また、長期間装置をつけ続けることや、何度も歯科医院に通うことは、結構大変なことだと思います。

そこで、治療期間を短くすることが可能な方法がいくつか生み出されているといいます。その一つに、歯を支えている「歯糟骨」のなかでも硬く、歯の移動の妨げとなる「皮質骨」の一部を除去する外科的な治療を、矯正装置を付ける前に行うという方法があります。先に外科的な治療を施すことで歯が動きやすくなり、治療期間が短くなる可能性があるそうです。しかし、外科的な治療が必要ということもあって、この方法を選ぶ人はあまり多くないといいます。

また、ブラケットとワイヤの間の摩擦抵抗を少なくすることで、治療期間を短縮する手段もあります。しかし、治療期間がどのくらい短くなるのかが不明瞭であるというデメリットもあります。ほかにも治療期間を短くするものはありますが、科学的な根拠が見つかっていないものがほとんどのようです。

歯に必要以上の力をかけすぎる、一本の歯に長期にわたって力をかけ続けるといったことにより、歯根吸収という現象が起こる可能性があります。生まれつき歯根が短い人は、矯正治療の影響で歯根吸収が起こるリスクが高くなるといいます。短根歯かどうかは、最初の検査でわかります。短根歯だとわかったら、歯にかける力を加減して治療するなどの対策をしなければならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です