磨き方のコツ

矯正装置の入っているときの口の中は、通常のときより、数倍も汚れやすい状態にな

っています。矯正中に虫歯にしない、歯肉が腫れて歯周病にならないようにするために

も、歯磨きをていねいにすることが大事です。矯正時に使う歯ブラシは、通常の歯ブラシに加え、歯間ブラシ、インタースペースブラシ(歯と歯の聞や矯正装置の間などを磨く)、デンタルフロスなどから、使いやすいものを選んでください。また、電動歯ブラシも有効です。矯正 医師からも説明があります。歯ブラシは磨く場所によって、持ちやすいように持ちかえ て使います。では、実際の磨き方のコツをご紹介しましょう。

  • 歯にはさまっている食べ物のカスを取り出す
  • 歯ブラシを縦にして、下(下の歯の場合は上)に引くように磨きます。
  • 歯肉は縦方向の力に強いので、強くかき出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です