子供の歯並びと矯正歯科治療Q&A

 

Q 子供の歯と歯並びについて、どんな点を注意していたら良いですか?

A 永久歯列の不正咬合につながる違和感に、早く気付いて下さい。

・乳歯列の時期

早い赤ちゃんは、生後半年くらいで乳歯が生えてきます。そして、二歳半から三歳前後に乳歯列は完成します。五~六歳になり、乳歯から永久歯に生えかわる時期が近くなると、乳切歯のあたりでは、歯と歯の間にすき間ができます。これは歯の生えているあごが発育したためで、いわばおおきな永久歯のスペースづくりのための準備であり、まったく心配いりません。逆にこの時期にすき間が無く、きれいに並んだ歯並びだったら問題です。これはあごの成長が少なくて、すき間ができなかっ たためで、永久歯はデコボコに並びます。また同じ頃に上と下の歯を咬みあわせてみると、以前よりも重なりが浅くなり、上下の乳切歯の端が突き合わせで咬むような状態になります。

・永久歯に生え替わる時期

永久歯で最初に生えてくるのは、六歳臼歯とも呼ばれる第一大臼歯で、乳歯列の最後方に生えますが、比較的多くの御両親がこれに気付かずにいます。さらに六~七歳頃には前の乳歯が抜け、永久歯と次々に交換します。さらに前歯に」続いて第一小臼歯や犬歯が生え、十二~十三歳頃には、奥の第二大臼歯まで全て生えかわって二十八本の永久歯列が完成します。

・不正咬合の兆候を見逃さずに

人の身長や体重の成長発育には、乳幼児期と思春期の二つにおおきなピークがあり、この時期に歯列やあごの著しい成長発育も見られます。

ご両親にお願いしたいのは、むし歯治療はもちろん、歯の定期健診、歯磨きの指導を受けるなどして、お子さんの歯(特に早く生えてきた永久歯)や口の中(口腔)をきちんと守って下さいということ。

具体的には次のようなポイントをチェックして下さい。

  1.  六歳臼歯が正常に生えてきたかどうか。
  2.  上の二本の前歯の間に五㎜以上のすき間が無いか
  3.  乳切歯がいつまでも抜けずにいないか。
  4.  側切歯の生えてくる場所が無く、裏側から生えていないか。
  5.  前歯の咬み合わせが反対になっていないか
  6.  指しゃぶりや舌を突き出すくせ」が無いか
  7.  奥歯を咬み合わせたとき、横にずれていないか。

何か気になることがあったら、そのつど矯正歯科医に相談して下さい。

 

セカンド・オピニオン

セカンド・オピニオンは健康保険の適用外である。従って、「セカンド・オピニオンを下さい」と言って、診療を受けると保険が適用されない。しかし他の病院で診察を受け、 一通りの説明を聞いた後に別の医院に行き「ある歯
科では、こういわれたのですが・:」と言って診察を受け、それに対し医師が意見を述べればセカンド・オピニオンをもらったのと同じであるが、この場合は保険の適用範囲内として扱われる。この違いは最初の目的が「相談」なのか「診療」なのかによる。歯科医の説明に納得できる医院に通いたいというのであれば、何軒行ってもそれは
患者の自由で法的に問題はない。

お客様は神様である

歯科関連の仕事で働く場合もスタッフ接遇や白衣の清潔度も非常に重要な要素の一つである 。
目上の人に敬訪を使っているか?
横柄な態度をとっていないか?
子供やお年寄りには優しいか?
きちんと相手の目を見て話をしているかなど一般社会では当たり前のことが、治療に集中するばかりについつい
忘れがちになっていないだろうか。
忙しい臨床のなかではついついイライラしてしまうことも 多い。ホテルやレストランで横柄な態度をとるお
客様に対し、イライラして口論をしてしま っては商売にならない。医療もサービス業である以上、 他のサ ービス 業と同様に 「お客様は神様である 」という気持ちを忘れないようにしなくてはならない。それには、常に患者様
の気持ちになって、優しい気持ちを忘れずに治療をすることが大切です。

歯科関連の採用と面接

歯科関連の採用と面接についてみていきます。

面接者の素顔を見ておくこと

面接の時には、意見や考え方を問う記述試験のような面接をすることをお勧めします。

例えば、「あなたは患者さんのクレームにどう対処していましたか?」とか「あなたは将来どんなことをしたいですか? 何を目指していますか?」などの質問をして反応を見ましょう。面接者の素顔に触れることができると思います。

また履歴書の職歴の中に「退職」の記述があった場合、退職理由もしっかりと聞いておきましょう。必要以上に自分を正当化しようとするタイプだとしたら、後々医院でのトラブルの種にもなりかねませんから、注意が必要です。

では、面接者が求めるものは何か

 

良い面接の仕方は

O シミュレートを行う

「患者さんからこういうクレームが来たら、なんて答えますか?」

「TBIはどの様にしていますか」

「将来どんなことがしたいんですか」

・・・素顔に触れられる・・・

X スキルを聞く

「スケーリングはどの程度のスピードでできますか」

「患者受け持ち性で対応できますか」

「口腔内カメラはとれますか」

・・・人柄がわからない・・・

 

四つに大別される面接者のこだわり

仕事・・・仕事にやりがいが感じられば前向きに努力するタイプ。医院の治療内容や医院の教育

システムなどを聞いてくる。

人間関係・・・院内の雰囲気が良く、人間関係が円滑にいくことを重視するタイプ。現スタッフの

年齢、在籍年数などをきにする。

お金・・・とにかく給料が高い事を枯坊するタイプ。残業手当や賞与の支給額などを知りたがり、

何でもおかね!お金!とすぐに言いだす。

時間・・・時間内に仕事を終わらせ、休みをきちんと取りたいタイプ。勤務時間、休みの日数、

有給休暇の取得はできるかなど、院長(経営者)からは細かいと感じられるかも知れない

質問をする。既婚者や主婦、子供がいる場合には、本人にとっては重要な事であるので

配慮したい。

 

スタッフも面接に立ち会わせてみよう

現スタッフの機嫌を損ねてはいけない!

採用を決める最終決定者はもちろん院長ですが、院長の独断によって採用が決まった場合、現スタッフとしては快くは思わないでしょう。後でトラブルが起こらない様に、採用の決定にあたっては、現スタッフの意見を聞き入れる姿勢こそ大切です。この部分は重要ですから、最後まで手を抜かないようにして下さい。

 

「実例・・・明暗を分けたスタッフの協力の有無 」

-失敗例-

院長が「思いつき」で採用

比較的大きな病院でのこと。院長ひとりの判断で新卒の男性歯科医師を採用した。採用が決まってから、スタッフへの紹介と勤務前の事前説明を兼ねて、一度医院に来てもらおうと、院長が勤務医に電話連絡を頼んだ。電話を掛けた勤務医が採用予定者から「なぜ、あなたからお電話を頂くのですか?」と言われた。さらに約束の日、その歯科医師は30分以上も遅れてきた。

勤務のスタートの日、この日も30分以上遅れて来た。勤務医が、時間にルーズな事に対して指摘したところ「すみません」と言う言葉はなかった。その後、医院に溶け込むことができず、1週間で退職してしまったとの事。

この医院での失敗の原因は、多角的なチェックを怠り、何となく気に入って、思いつきで採用を決めてしまった院長に原因がある。軽率な採用が原因で、チームの和が乱されてしまったのだ。

-成功例-

スタッフと協力して採用、教育

受付を交代で行っていた助手が、二人とも円満退職することとなった。医院の要でもなっている受付が退職することの影響がが懸念されたため、今まで存在していなかった「受付マニュアル」を作成することになった。日常の受付対応から保険請求までの手順を書きしるした物である。院長も勤務医も、これを機会に勉強することに。歯科衛生士も受付業務を何とかこなせるように教育した。 医院の求める新しい人材は「明るく活発な人」。採用に当たっては、院長、勤務医、歯科衛生士の3人で対応した。

院長は大まかな医院の診療方針などについて説明し、勤務医がもっと具体的な説明、歯科衛生士はスタッフとしての心構えなどを補足した。

新しく採用した二人の教育については「受付マニュアル」を中心に担当者を決め、医院全員が交代で行った。いまでは受付業務、歯科助手業務を立派にこなしている。

この医院が成功した理由は言うまでもなく、医院全員が一つのチームとなって、採用から新人教育までを行ったことである。

 

歯科業界で働くには

歯科業界や、歯科医院で働きたいと思った場合、まずはどのような職種があるのか知ることが大切です。

まずは、いうまでもなく、歯科医師です。歯科医師になったら、大病院で勤務医として働くか、個人で歯科医院を経営することになります。

それから、歯科衛生士ももちろんなくてはならない存在です。

また、一般の人にとってはなじみが薄いかもしれませんが、歯科技工士という職業もあります。歯科医師がおこなう治療に合わせて、歯の被せ物や、入れ歯、矯正器具などをつくる仕事です。高い専門的な技術が必要となります。

医療事務管理士という資格もあります。この資格をとると、歯科医院で医療事務スタッフとして働き、治療費の計算やカルテの整理など、医療事務全般をこなすことになります。

最後に、こちらは資格は必要ありませんが、受付や事務など、さまざまな業務をこなす歯科助手も、縁の下の力持ち的な存在です。